動物(うさぎ・カメ・他)メイプルのお気に入り動画
  1. Top » 
  2. 動物(うさぎ・カメ・他)
コンテンツ
◆うpした動画◆
 2008年夏から始めた投稿動画のご紹介。見た方に楽しんで戴けるよう一生懸命作りました。
 左または以下の「カテゴリ」からお好きなジャンルを選んでくださいね。

 ■メイプル@ミニチュア?コーギーオリーブ@ウィペット
  2000年生まれのコーギー「メイプル」は体重5kg台のちびっこ、なかなかの芸達者でした。
  …2013/3/11肺腫瘍のため他界いたしました…
  2011年生まれの「オリーブ」はのんびりウィペット。ONとOFFの差が大きすぎw
 ■昆虫採集・自然観察カブトムシ飼育・クワガタ飼育(コクワガタミヤマクワガタ
  地元横浜でのカブト・クワガタ採集と繁殖・飼育記録。その他自然観察もろもろ。
  昆虫採集とカブクワ飼育では、初心者の方向けに基本ノウハウのご説明もしています。
 ■アルパカと遊ぶ
  横浜には、珍獣アルパカと触れ合える小さな観光牧場があります。楽しいですよ~
 ■季節の味覚【料理】
  季節限定のなじみの少ない素材を使ったお料理。
 ■その他飼育中:アマガエル飼育動物(うさぎ・カメ)

◆お気に入り動画◆
 何度も見直してしまうお気に入り動画のご紹介。こちらはタグで分類してます。
 ←左の「タグリスト」からお好きなジャンルを選んでくださいね。

各記事にある動画サムネイルをクリックすると別窓で再生します。
動画再生には、ニコニコ動画アカウントが必要です。 → ■ニコニコ動画を楽しもう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

うちのカメの首がなくなってた

このままでは犬ブログになってしまう・・・と思ったかは知りませんが今回は「おかめ」。
以前ご紹介しましたが、おかめは時々首を完全にひっこめて昼寝してることがあります。
クサガメ

ただ、たいていすみっこの方で壁を向いて首なし状態になってるんで、カメラを正面に置けないんです。
今回たまたま正面を向いてたので撮影してみました。

うちのカメの首がなくなってた


あちこち触るとピクピク動きますが、なかなか首を出しません。
どうやらかなり熟睡していた模様・・・スマン・・・
で、いったん起きれば結局いつもの「首を振りながら寄ってくる動画」になっちゃいましたね^^;
クサガメ

おかめが以前メイプルにかじられた話をしましたが、やはり犬にとってはかなりソソる動きと匂いらしく、ここ数日のお客さんであるミニチュアダックスの「ルピナス」も、見つけた日には周りを離れませんでした^^
オリーブはまだ気づいてないようですが、成長すると手足の長いオリーブに狙われたらおかめハウス内でも余裕で届いちゃうんでちょっと心配してます。
一応、その頃には用済みになってるサークルで囲おうかな~なんて思ってますが。
「けろろんテラリウム」もちょっと心配だなと思ってましたが、こちらは全く興味ないようです。
まあ外からじゃあんまり動きないですしね。

ところでこの動画、お子様にも安心してご覧戴けるのがモットーの当サイトでご紹介するにはちょっとコメントがアレですねw
なんとなく予想はしてましたがwww
クサガメ

BGM:Moonlight Walkin'


スポンサーサイト

ひたすら寄ってくるカメ

小さなお友達シリーズw
今回はひさびさの「おかめ」です。

「おかめ」は元々チョビンの通ってた小学校の先生が教室で飼ってたクサガメです。
おととしの夏休み・冬休みと預かっていたんですが、春になって「もらってくれないか」との打診があり、ふたつ返事で引き取りました。

以前の記事にも書きましたが、想像外の愛嬌者なんですよ^^

ひたすら寄ってくるカメ


これは少し前の映像ですが、おおむねいつもこんな感じです。
「おかめハウス」を覗き込むと、こっちを向いて寄ってくるんですよ。

ただ相手は爬虫類、1コメに書きましたが正直どうしてほしいのかはよくわかりません^^;
お腹がすいたのかと思いエサをさし出しても見向きもせずに近づいてきます。
触ってほしいのかと指をさらに近づけるとひっこんでみたり。
そーっと触ると頭とかなでることもできるんですけどね。
クサガメ

クサガメ飼育について見てみると、冬場はカエルと同じく屋外で冬眠させるか加温して冬越しさせるのが基本のようですが、おかめは10年程、より寒暖の差が激しい教室でそのまま生活してたそうなので、あえて環境は変えずにおいています。
冬場はほとんどエサは食べず、その割にはよく動きます。

作ってあげたおかめハウスも最初のうちは行儀よく住んでいたんですが、夏ごろからは造花を動かして隙間に挟まってみたり、人工芝をはがしてその下に潜り込んだりとフリーダムに楽しんでるようです^^;
クサガメ

あまり手がかからないおかめですが、夏には事件が。
ときおりベランダに出して日光浴させてるんですが、ある日不注意でメイプルがベランダへ侵入。
匂いに誘われたのか、奥さんが発見した時には(奥さん曰く)鬼の形相でかじってたそうです^^;

さいわい甲羅が二か所少し欠けただけで済んだんですが、それ以来ベランダの戸締りには細心の注意を払うことになったのは言うまでもありません。
クサガメってその気になると頭を完全に引っ込めることができるっていう事もそれまでは知りませんでした。
「首がない!」ってマジビビったそうですよ^^;
クサガメ
※なんでもない時にもごくまれにこんな感じで転がってます。

それからベランダに出してる時こんな光景も!
クサガメ

携帯の壁紙サイズの画像しかないのが非常に残念です。
これって挟まってるんじゃないんですよw

何度か見かけたとの事で、あんまり高く登って落ちるとさすがに危険なのでベランダも自重気味になってます。
チャンスがあれば監視しつつ撮影してみたいなと。


飼い主にしか懐かないウサギをモフりたい

やはり年末年始のお休みは、あれやこれやしてるうちあっという間に終わってしまいますね^^;
私のお休みは本日最終日です。

お正月、元旦は両実家を訪れて食べまくるのが年中行事なんですが、お迎えの時にご紹介して以来のウサギ、母のところにいる「らび」を今回は撮影してみました。

飼い主にしか懐かないウサギをモフりたい


子ウサギのころはちょっといい感じに慣れてきてたんですが、大人になるにつれて警戒心が強くなるのかまったく心を開いてくれなくなりました^^;
特にチョビンは恐れられているらしく、足音(わかるらしいです)が聞こえるだけで物陰に隠れてしまう始末w
あまりしつこくしないよう気を付けていたんですが・・・
わりとしょっちゅう訪問してますし、母が旅行に行ったときなんかは、奥さんとチョビンが世話をしてたりするんですけどね。

飼い主の母にはべたべたで、だっこ好きなのはもちろん、出かけて帰ってくるとスネてみせたりトイレまでついて歩いたりで、同じウサギとは思えません。

かなりのメタボ体型ですが体重は1.5kg強、手ごろな大きさに育ちました。
特に食いしん坊というわけでなく、その時々ペレットだけ・キャベツだけ・ニンジンだけとかなりの偏食、見てるとそんなには食べないですが、あまり動かないからかまるまるしちゃってます^^;

やっぱり姿を見れば触りたいですよね、これがダメなのかもしれませんがw
そーっと近づいてさりげなく触れば触らせてくれることもありますが、今回はダメ。
そこで最近らび的ブームのキャベツを与えて買収することに。
うさぎ

キャベツは食べるものの、ギリギリの距離から近づきません^^;
しかし甲斐あって、少しはモフらせてくれたのでした。

この記事に載せる写真を探してたら、以前の動画が発掘されたのでついでにうp。
まだ1年たってない頃の様子です、この当時は気が向けばこうして遊んだりできたんですが・・・^^;

ウサギがただ回るだけ


BGM:
murmur twins(guitar pop ver)
murmur twins

関連記事:
こうさぎが来た【ネザーランドドワーフ】


「おかめ」がうちのカメになった記念に

チョビンのクラスで飼育され、昨年の夏休み・冬休みとわが家で預かっていたクサガメの「おかめ」。
どうやら先生ももてあましていたらしく、わが家のカメになることに。
元はといえば他の学校の先生からもらってきたカメらしいんですが、長い休みにわが家のように喜んで預かりたがる家庭は少なく毎年苦労してたみたいです。

家族一同歓迎してますが、特に爬虫類好きの奥さんが大喜び^^;
以前もご紹介しましたが、非常に人なれしていてカワイイんですよ。
記念に1本動画うpしました♪

ヘッドバンキングするカメ


水槽をのぞくと寄ってくるのは以前もご紹介しましたが、指を近づけるとこのように首を振るんですよ。
時々ぶつかりますが、基本的に左右によけるように動くんです。
なにか楽しいんですかね?
動画に戴いたコメでは「求愛行動?」なんて説もありますがどうなんでしょ?

しかし予想はしていましたが伸びませんでしたね~^^;
もうひとひねりすれば良かったかなぁ・・・
たとえば指にマイクっぽい何かをつけて、違う曲をかけて「歌ってる」ってことにするとか・・・
夜に撮影したんで画像も暗かったですし。
これでもちょっと補正かけたんですけどね。

ところで「おかめ」、先生から水槽ごと戴いちゃったんですが、実はさっそく子どもたちが部屋で遊んでたとき蹴飛ばして、ちょっと割れて水モレしてるんですよ。
このプラケース40cmもあるもので、ペットショップやホームセンターでは見たことありません。
先生に聞いてみたところ、どうやら学校ルートで入手したものらしいです。

そこで、新しい「おかめハウス」を製作しました。
クサガメ飼育セット

小型の衣装ケース(それでもこの水槽よりはかなり大きい)に、100均の洗面器をプールに。
もともと入ってた砂利と陸場への踏み台用に石を拾ってきて入れました。
陸場は植木鉢を逆さにして、とりあえず水槽時代に陸場として買ってきた100均の小型植木台を高さ合わせで乗せてます。

これで入れてみたところ、植木鉢両端の隙間にしょっちゅう落ちてたので、造花の草をはさんで落ちないように。
洗面器のフチがすべって陸場との移動に苦労していたようなので、人工芝を貼り付けました。

ケースが大きくなると水換えが大変になるのですが、これなら洗面器だけ持ってけばいいのでラクチンです。
おかめも割りと気に入ったようで、水場と陸場を気ままに移動してます。
水を深くできたので、水中にもぐってる姿も見ることができるようになりました。
クサガメ飼育セット

おかめ、冬場は全くエサを食べませんでしたが、冬眠するわけでもなくけっこう動いてました。
ちょっと心配でしたが、もっと過酷な教室で10年ほどこうして暮らしていたそうなので大丈夫なのでしょう。
最近になってようやくエサを食べ始めましたね。

普段は水の中にいて、日の当たる場所においてやると陸場に上がってひなたぼっこしてます。
日が当たらなくなると、また水に戻ります^^

カメのいる生活、なごみますね~

BGM:KING G


預かったカメが予想外にラブリーだったので撮影してみた

チョビンが学校からカメを連れてきました。
教室で飼ってるクサガメを、夏休みの間預かることになったのです。

預かったカメが予想外にラブリーだったので撮影してみた


名前は「おかめ」。
名付け親はクラスメイトだそうです。
元々は担任の先生のカメですので、毎年いろんな名前がつけられてるんでしょうね^^
クサガメ

昔はイシガメが近所の湿地で採れたりしたので、私も子ども時代飼育したことはありますが、「クサイ」という印象しか無かったのであまり気乗りはしてませんでした。
でも、来てみると全然クサくない!
当時は1週間に1度しか水換えしなかったのが敗因のようです。

しかもすごく人馴れしていて、人の気配がすると一生懸命近づいてきます。
エサは基本的に小粒の「カメのエサ」なんですが、手に持ってあげるとエサだけパクっと食べます。
これはカワイイ!

通常は指に口が当たってもソフトタッチでエサだけ器用に食べるんですが、そこは爬虫類。
たまに間違えて本気で指をかまれると結構痛いらしいですw
ママの話によると指をくわえてぶら下がったとかwww

メイプルも興味津々で、しょっちゅう水槽の周りをうろついたり覗き込んだりしてます。
でも攻撃したり、水槽をひっくり返すようなことはなさそうなので当面様子を見ながら放置です。
犬に人気のクサガメ

ところで、カメの持ち主の担任の先生。
昨年ミヤマ幼虫を差し上げた、チョビンの隣のクラスを担任していたあの先生です。
まさか担任して戴くことになるとは。
ミヤマ幼虫たちは「すくすくと成長」しているそうです^^
相当な動物好きのようで、個人面談なんかはほとんどメイプルやクワガタの話で終始しているとか^^;
チョビンの話によると「機嫌が悪そうな時は虫の話をすれば大丈夫」。

ママは昔から爬虫類好きで、独身時代にはすんでのところでイグアナを購入するところでした。
ご両親の猛反対で断念したそうですw
今でもペットショップではカメレオンなんかをうるうるしながら見てます。

「おかめ」のラブリーさに、また爬虫類魂に火がついたようで、現在真剣にカメ飼育について調べてます^^
もしかすると近い将来我家にもリクガメかなんかが来るのかもしれません。

「カメのエサ」では小さすぎて写らないので、動画ではニボシをあげてます。
他に、オヤツにはキュウリなんかも好みます。

水換えついでに、ビオトープ(巨大ポリバケツに水草・メダカ・諸々が入っている)で泳がせてみました。
ビオトープのクサガメ

水槽を洗う間、バケツに入れておくと聞いていたのでそうしてたら、簡単に脱走しましたねぇ・・・
クサガメ

しかし動きに愛嬌があっていいものですね。カメ。
ちょっと見る目が変わりました。
皇帝ダリアとクサガメ

BGM:BREAK OUT
    I'LL REMEMBER YOU


こうさぎが来た【ネザーランドドワーフ】


以前から母は動物を飼いたいと言っており、いつ飼い始めるのか楽しみにしていたのですがなかなか決断しません。
そこで、区切りの誕生日ということでうさぎをプレゼントすることに。
最初はネコと言っていたのですが、色々考えた結果見送ったようです。

こうさぎが来た【ネザーランドドワーフ


近場で一番大きなペットショップには少ししかいなかったので、近所の店に行くといました。いろんなうさぎ。
ミニウサギにライオンラビット・レッキス・ロップイヤー・ネザーランドドワーフ・・・
うさぎっていろんな種類がいるんですね。
母の希望は「大きくならないのがいい」との事だったので、店員さんに聞いてネザーにしました。

ケージ・エサ等飼育用品一式と飼育書と共にお迎え。
かなりビビりです。
箱の中から様子はうかがっていますが、固まってるのが一目でわかります。
まあ、他の動物でも環境が変わればそういうものですので、愛でたい気持ちを抑えてケージに入れたら放置。
うさぎ

一週間後、だいぶ慣れたと聞き見に行くと、我が物顔で部屋の中を走り回っています。
母が近づいても逃げませんし触らせてくれます。
話によると、母が歩くとその後をついて歩くそうです。かわええ。
が、私やチョビンが触ろうと近づくと速攻逃げるのでしたw
ケージに入った状態だとあきらめるのか触らせてくれますが、相変わらず目を大きく見開いて固まってます。
この状態を我家では「白目」と呼んでますw
うさぎ

その後大きくなるにつれてあちこちかじりだしたので、現在はケージの回りにサークルをおいてその中で放し飼いにされています。
ママやチョビンは上手く手なずけたようで、呼べばやってきますし、気が向くと「触って~」と近づいてきたりします。
最近はチョビンの袖を追いかけて遊ぶようにも。
うさぎ

でも、抱っこは嫌なようで、捕まえようとすると逃げます。
そして私が近づくと・・・白目ですw
とりあえず触らせてはくれますが・・・

うさぎの知能はハムスター程度かと思っていたのですが、近くで人間が食事を始めると一緒にエサを食べ始めたり、構ってもらえないと粗相をしてアピールしてみせたりするところを見ると、意外と知能は高いのかもしれません。
いずれにせよ、私の場合もう少し通いこんで仲良くなるところからですねw
うさぎ

動画のコメでは、「ミニウサギ疑惑」が出てるようですw
正直なところ良くわかりませんが、お店で「ネザーランドドワーフ」として一緒にいたミニウサギの5倍ほどのお値段だったこと、そんなものがあるとも知りませんでしたが血統書も同時にもらったことからきっとネザーなのだろうと思ってますw
いずれにせよ、店員さんの話通り10ヶ月が経過した現在も、見た目は結構デブいにもかかわらず体重1.5kg弱とさほど大きくなっていないですし、母にはかなり懐いてくれたようなので良しとします。

BGM:murmur twins(guitar pop ver)


Page Top

ごあいさつ

メイプル

Author:メイプル
きまぐれ更新です。

このサイトについて

お気に入り動画タグリスト
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メイプルのお気に入りサイト

このブログをリンクに追加する

▼・w・▼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。