2012年02月メイプルのお気に入り動画
  1. Top » 
  2. 2012年02月
コンテンツ
◆うpした動画◆
 2008年夏から始めた投稿動画のご紹介。見た方に楽しんで戴けるよう一生懸命作りました。
 左または以下の「カテゴリ」からお好きなジャンルを選んでくださいね。

 ■メイプル@ミニチュア?コーギーオリーブ@ウィペット
  2000年生まれのコーギー「メイプル」は体重5kg台のちびっこ、なかなかの芸達者でした。
  …2013/3/11肺腫瘍のため他界いたしました…
  2011年生まれの「オリーブ」はのんびりウィペット。ONとOFFの差が大きすぎw
 ■昆虫採集・自然観察カブトムシ飼育・クワガタ飼育(コクワガタミヤマクワガタ
  地元横浜でのカブト・クワガタ採集と繁殖・飼育記録。その他自然観察もろもろ。
  昆虫採集とカブクワ飼育では、初心者の方向けに基本ノウハウのご説明もしています。
 ■アルパカと遊ぶ
  横浜には、珍獣アルパカと触れ合える小さな観光牧場があります。楽しいですよ~
 ■季節の味覚【料理】
  季節限定のなじみの少ない素材を使ったお料理。
 ■その他飼育中:アマガエル飼育動物(うさぎ・カメ)

◆お気に入り動画◆
 何度も見直してしまうお気に入り動画のご紹介。こちらはタグで分類してます。
 ←左の「タグリスト」からお好きなジャンルを選んでくださいね。

各記事にある動画サムネイルをクリックすると別窓で再生します。
動画再生には、ニコニコ動画アカウントが必要です。 → ■ニコニコ動画を楽しもう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

子犬のプリズンブレイク(その2)

10日ほど前、「子犬のプリズンブレイク」と題してオリーブのド根性脱走シーンをご紹介しました。
あの当時は、ソファーに登るのも何度もチャレンジしてやっと・・・という感じだったんですが、ここにきてウィペットとしての運動能力が開花してきたようです・・・困ったことにw

子犬のプリズンブレイク(その2)


ご覧の通り、もはやサークルは無力^^;
ハウスの上にひとっ跳びで登れるようになってしまいました。

これじゃサークルはただの危険なオブジェなので、ハウスに入れる時はフタをすることにしました。
ただ、日中長時間出かけているときなど、ハウスに入れておくとう○ちをしたトイレの上を踏み荒らして帰宅時に悲惨なことになっていることが一度ならずあったので、どうかと思いながらもフリーにしています。

ただ、ハウスの習慣も必要なので、夜寝る時だけはハウスってことで。
メイプルがフリーになったのは5歳過ぎてからですから相当待遇いいですね~

ウィペット 子犬
※小さな隙間でもあるとそこから脱走するので、重しをかねて物を置いてます^^;

この調子でテーブルやカウンターに登られたらたまったものではないんですが、今のところサークル内でしかこういう大ジャンプはしないんで多少は助かってます。
この撮影をした時点ではオリーブのごはんはハウスの上に置いてあったんですよ。
人がいないときに登れば食べ放題だったハズなんですが、そこまでの知恵はなかったようです。
ちなみに現在はクローゼットの中に厳重に保管されるようになりましたので、オリーブ的にはもうハウスに登る理由もなくなったらしく登りません。

同じようにごはんの支度をしていても、立って作業をしていると立ち上がることはあっても跳びついてこないんですよね。
まあ、跳びつき癖は無いに越したことないんですが、「だっこ」は教えそびれてます。

しつけ練習も全般として停滞気味。
ここは新しいことを増やしていくよりも、これまでの基本的な内容を反復して刷り込んでいく時期なのかな~と思ってます。

メイプルとの関係も相変わらず。
でも最近メイプルはいちいち怒るのが面倒になったのか、オリーブが調子に乗って背中に手をかけたり「ワン」と吠えたりしてもあまり怒りません。
もしや早くも政権交代?なんて思ったりしましたが、たまに本気で怒られるとオリーブは尻尾を巻いて引き下がってますのでそんなことはなさそうです。

ウィペット 子犬
※ちょっと鼻が長くなってきましたね~

関連記事:子犬のプリズンブレイク


スポンサーサイト

ハンドスプリングスロー【お気に入り動画】

前回W杯からたった1年しか経ってない昨年、早くも次回2014ブラジルW杯のアジア予選が始まりました。
とはいえ、最終予選は今年の6月から。
次回W杯に向けてA代表の記事はその頃から・・・と思ってましたが、今日カテゴリを新設するハメとなりました^^;

親善試合 日本3x1アイスランド

私は仕事で見られませんでしたが、こんな異色な試合になっていたとはw

[サッカー] 日本vsアイスランド ハンドスプリングスロー

※消される公算大です、ご視聴はお早めに^^;

約3分のダイジェストなんですが、得点シーンが見当たりませんw
つべも含めて探しましたがこんなのばっかり^^;
両軍合わせて4点の得点者たち、アイスランドの7番ソルステインソンにすっかり喰われてしまいましたね。

たしかマンガ「シュート」で出てきましたね、ハンドスプリングスロー。
すごい飛距離ですね~
以前は日本でもときおり見られたそうですが、初めてお目にかかりました。

実際ハンドスプリングの効果はどうなんですかね?
元体操部の立場で言えば・・・バク転は確かに勢いつくんですよ。
ロンダードからのバク宙の間にバク転を挟むと、勢いが加速して明らかに高さが出ます。
でもハンドスプリングはどちらかというと着地時に体重が後ろに乗るので勢いはつきにくいんですよね。
床運動のTV中継とかでも、大技宙返りの前には必ずと言っていいほどバク転が入りますが、ハンドスプリング→前宙のコンボってあんまり見ないでしょ?

でもあの飛距離を見れば、きっと勢いつくんでしょうね^^
とはいえ手をつく代わりにボールをついてのハンドスプリングですから難易度高いです。
通常はここぞという時のロングスローとして使われるようですが、今回は観客の盛り上がりぶりに引くに引けなくなったのか大盤振る舞いだったようですね^^;

そもそも今回の親善試合は2/29にW杯アジア3次予選の最終戦、ウズベキスタン戦を直前に控えたものではありますが、両チームともすでに3次予選勝ち抜けが決まっていること、Aマッチデーではないので29日の予選に出場するメンバーの多くが招集できず、調整試合ともできないこと・・・というわけでかなり微妙な位置づけの試合となりました。

ザッケローニ監督は今回、いわゆる当落線上の選手・今まで招集されていなかったベテラン・そして今後に期待したい若手(五輪メンバー外で)を中心に招集し、サブメンバーの見極めを行う意図を明言してました。
いわゆるレギュラーメンバーは今野と遠藤のみ、「今回は戦術理解より個人技を見たい」とのコメントにもその意図が表れています。

むろんアイスランドも事情は同様で、一線級の選手は招集できていなかったようです。
そんな事前からあまり盛り上がる要素のないこの試合を、ソルステインソン選手がすっかり支配した形となりましたね~
開始早々の前田のゴール、その後も日本が着実に得点を重ねる展開に観客たちもすっかり「親善」モード。
アイスランドのスローインになるとざわめくスタンド、期待に応えるソルステインソン、満員の(アウェーの)観客から「そ~れ!」の掛け声^^
代表戦としてはちょっとめずらしい楽しい試合となったのではないでしょうか?

どっかの爺さんが、「観客はヌルい!もっと殺気立たなくては」と苦言を呈していたようですが、この試合の位置づけを考えれば今回はこれでいいと思うんですがどうでしょうかね~?

もちろん当落線上の選手たちは違うと思いますが。
このところケガがちではありますがプレイと評価は好調な海外組や、ますます台頭してきそうな若手を押さえてメンバー入りを確保するための貴重なアピールの場なんですから。
実際見てないのでコメントは避けますが、それなりに明暗あったようですね。

さて、ウズベク戦ですが・・・まあはっきり言って消化試合。
香川を呼ぶとか呼ばないとかやってますが、せっかくクラブで好調を維持してるんですから見送っちゃっていいと思うんですけどね~
海外組はクラブで控えに甘んじている選手だけで十分ではないかと・・・スポンサー様は納得しないかもしれませんけどね。
一応今回の結果で変動するFIFAランキングで最終予選のポット分けがあるようですが、どこと当たってもあまり変わらないような気もしますし・・・
今回はクラブに譲って、絶対に招集したい最終予選(とその調整試合)にムリできるようにしといた方が良いのではないかと。

2/26追記:こちらが得点シーン付きのハイライト、槙野劇場^^;



【子犬の】お手本をみせるコーギー【練習】

先日、オリーブのしつけ練習にメイプルも参加してるって話をしましたが、今回はその風景です。
隣で確実にお手本を見せてくれるメイプルが、いい影響を与えてくれてると思います。

【ニコニコ動画】【子犬の】お手本をみせるコーギー【練習】


・・・とはいえメイプルはかなりオイシイですね~
普段じゃこの程度ではごほうびもらえませんもの^^;
オリーブも一応見てるっぽいんですよね、でもなかなかガマンできないようですが。

映像で見るとあらためて自分のヘタさ加減を思い知らされますね~
心がけてるつもりのことが全然できてません。
一応心がけてることは・・・

 1:一足飛びを狙わず地道に。
 2:動作関係は一度指示を出したら必ずやらせる(できない指示は出さない)。
 3:指示は一度だけ。
 4;集中が切れる前に短時間で切り上げる。
 5:成功して終わらせる。

3:についてはコメントでもご指摘戴いてしまいました・・・その通りです、視線が動いたりするとつい言っちゃうんですよね^^;
1:もダメですね~、「マテ」はもっとじっくり取り組んだ方が良さそうです。
4:についてもご覧の通り、後半はちょっとダレぎみになってます。

オリーブはまだ2か月、全般としてもっとのんびり取り組んでいこうかと思います。
この種目以外は、「フセ」を除いてリードに慣れてもらわないと始まりませんし。
いろんなシチュでできるようにならないといけませんし。
メイプルの時に比べれば、この段階でアイコンタクトがほぼ確実になってきたというだけでも相当優秀ですよ^^
ウィペット子犬

先週1回目のワクチンを打ちに行きました。
だから・・・というわけではないんですが、ときおり抱っこで外に連れ出したりしてます。
2~3ヶ月くらいの時期は、犬にとって「社会化期」と呼ばれる非常に重要な時期。
この時期に見たり経験したことは、大人になっても違和感なく受け入れるようになるんだそうです。
外に出て、車・自転車・子供・・・いろいろ見せてあげようと思っているんですが、日中に服着せて毛布にくるんで出かけてもこの寒さにガタガタ震えてそれどころではないようです^^;

まあ、最近周囲がバタバタしていて、お客さん犬が1週間ほど泊まっていくわ、いろんな人ががいつも以上に訪れるわで、ちょうどいい感じにはなってるんですけどね。

メイプルにもいろいろ変化がありますね。
まずは何事もメイプル優先・・・将来地位の逆転がない限り・・・を家族一同心がけているんですが、それでもトイレはじめ手のかかるオリーブ、ごはんも1回多いですし。
その上なかなか神経の太い子犬なので、メイプルにも家族にも積極的に絡んできます。

メイプルは今まで一心に注目を浴びていた立場が変わらざるを得なくなり、ちょっといじけ気味になったりしてます。
ソファーの上に座ってる人の上に乗っかるのが大好きなんですが、オリーブが先に来てると降ろして呼んでも来なかったり。
で、ちょっと離れたザブトンに座ってブルーな感じになってるんですよ。
他のところを見ながらもこちらを気にしてるのがありあり。
コーギー

でも先日義妹家族がご来訪したときに、小学生の姪っ子にメイプルの芸のやり方を教えてあげたんです。
ごほうび欲しさに忠実に「クグレ」とかやるメイプル。
姪っ子はもちろん大喜び、周りの大人たちもメイプルに注目してほめたたえます。
そしたらなんか機嫌治りました^^
騒がしい小学生2人が犬たちをいじり倒してくれたので、オリーブにとってもいい経験だったのではないかと。

それからびっくりしたのは、昨晩のこと。
予定より早く遊び疲れて寝てしまったオリーブ。
いざ寝る時間になったら目覚めてしまったらしく、久々に夜鳴きを始めました。
メイプルは私の寝てる寝室で寝てたんですが、起きてオリーブの方に行ったんです。
そしたらぴったり鳴き止みました。

ところがしばらくするとまた「出せ~」とはじまります。
すると今度は私のベッドに来て、枕元で立ち上がって私を起こそうと顔をなめ始めました。
普段はかまってほしくてもベッドの下に来るだけなんですけどね。
で、しかたなく起きるとオリーブの方へ促すように向かいます。

「かわいそうだから出してやってよ」と言いたかったのか?
「手におえないから何とかして!」と言いに来たのか?
いずれにせよ、子分として面倒見てやらないと・・・と思ってるみたいですね~

犬どおしの関係もまだまだいろいろあると思いますが、現在のところそれなりにいい感じのようです^^
ウィペット子犬とコーギー

BGM:TOCCATA


Page Top

ごあいさつ

メイプル

Author:メイプル
きまぐれ更新です。

このサイトについて

お気に入り動画タグリスト
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メイプルのお気に入りサイト

このブログをリンクに追加する

▼・w・▼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。