2012年05月メイプルのお気に入り動画
  1. Top » 
  2. 2012年05月
コンテンツ
◆うpした動画◆
 2008年夏から始めた投稿動画のご紹介。見た方に楽しんで戴けるよう一生懸命作りました。
 左または以下の「カテゴリ」からお好きなジャンルを選んでくださいね。

 ■メイプル@ミニチュア?コーギーオリーブ@ウィペット
  2000年生まれのコーギー「メイプル」は体重5kg台のちびっこ、なかなかの芸達者でした。
  …2013/3/11肺腫瘍のため他界いたしました…
  2011年生まれの「オリーブ」はのんびりウィペット。ONとOFFの差が大きすぎw
 ■昆虫採集・自然観察カブトムシ飼育・クワガタ飼育(コクワガタミヤマクワガタ
  地元横浜でのカブト・クワガタ採集と繁殖・飼育記録。その他自然観察もろもろ。
  昆虫採集とカブクワ飼育では、初心者の方向けに基本ノウハウのご説明もしています。
 ■アルパカと遊ぶ
  横浜には、珍獣アルパカと触れ合える小さな観光牧場があります。楽しいですよ~
 ■季節の味覚【料理】
  季節限定のなじみの少ない素材を使ったお料理。
 ■その他飼育中:アマガエル飼育動物(うさぎ・カメ)

◆お気に入り動画◆
 何度も見直してしまうお気に入り動画のご紹介。こちらはタグで分類してます。
 ←左の「タグリスト」からお好きなジャンルを選んでくださいね。

各記事にある動画サムネイルをクリックすると別窓で再生します。
動画再生には、ニコニコ動画アカウントが必要です。 → ■ニコニコ動画を楽しもう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

レース犬への道(第1歩)

オリーブを飼い始めた時に「なぜにウィペット?」と聞かれ、
「闇の賭けレースに出走させて大儲け」とついヒミツを漏らしてしまったことがありました^^;

いまだに闇の賭けレースについての詳細がわからないところがアレですが、いよいよその第1歩。
ルアーコーシングのイベントを見物してきました。

ルアーコーシングって?ひと言でいえば「犬のかけっこ」です。

先日の5/27、川崎の東扇島で開催された「Club Gallp Dogs」さん主催のチャリティーコーシング。
Club Gallp Dogs公式→http://www.club-gallop-dogs.jp/

比較的近くという事もあり、爆走する犬たちを見るだけで楽しいだろうとお出かけ。
先日ドッグランで一緒に遊んだ兄弟犬の「ジョン」「ジャック」ご一家も来られたので合流しました。
ウィペット

ルアーコーシングは本物見るの初めてです。
当日の様子はこんな感じ。
そのままだと画質がちょっとアレですね・・・「480p」に変更して戴けるとちっとはマシになります^^;


いや、ジョンがあまりにも男前だったんでつい・・・^^;

今回は「大会」ではないので、1時間ごとのエントリー受付。
あわよくば飛び入りも考えていたのですが、主催者のスタッフさんや参加者の皆さんにお話を聞くと、体ができてない子犬のうちに参加すると肉球が切れたりはがれたり、指の骨を折ったりといったトラブルが起こりやすいんだとか。
そんなわけで今回は素直に観戦です。
「まっすぐ走るだけでしょ?」なんて思ってましたが、目の前でもんどりうって転ぶボルゾイを見てこれはけっこうハードだなと^^;

参加してるウィペットたちは、みんな体の引き締まり方と肉のつき方が違うんですよ。
どうやって鍛えるとああなるのか・・・
ウィペット
※右がオリーブ

ウィペット
※左がジャック、どちらの写真もあきらかに違いますよね~

当日は別会場でもルアーコーシング大会が予定されてたそうなんですが、そちらの会場でメリケンなんとかというタチの悪い雑草が大発生とのことで中止、流れてきた参加予定者の方も多かったらしく大盛況でした。

やはりサイトハウンド比率が高く、ボルゾイ・サルーキなど近所でもめったに見かけない犬種がいっぱい。
さらにグレーハウンドやファラオハウンドといった非常に珍しい犬種までお目にかかることができました。
もちろんサイトハウンド以外の犬種もたくさん参加してましたよ。

今回はイベントだったからなのか、非常にのんびりした空気で良かったですね。
スタートがかかっても走らない犬や、途中で引き返してきちゃう犬など。
そんな光景を暖かく見守る雰囲気が、これからやってみようかな?と思う身にはうれしいですね~

ディスクドッグの大会も昔(20世紀w)はそんな感じだったんですよね。
いろんな犬種が参加して、いろんなレベルの犬がいて、でもそれがあたりまえのように共存してる雰囲気が好きで、まだメイプルが来る前のことですがよく見に行ったものです。
けっこう大規模な大会でもドーベルマンやスタンダードプードルが優勝したりすることもあったんですよ^^
競技色の強い団体や大会も必要だと思いますが、こうした草の根的なイベントももっとあるといいですね。

そんなわけでオリーブと兄弟たちは、草をたんまり食べてプロレスしてそれなりに楽しんでいたようです。
ウィペット

ウィペット

おさんぽも結構しましたし。
夏場はシーズンオフらしいので、次は秋。
その頃には参加できるようになってるかもしれませんね^^

BGM:MIDNIGHT SUN
     BREAK OUT


スポンサーサイト

初夏の雑木林散策

5月に入ってぐっと暖かくなってきましたね。
暑がりな私は、週末はすでにTシャツ一枚がデフォとなってます^^;

そうなると気になってくるのが山の様子。
毎年5月になると1度は樹液場の様子を見に行ってます。
今シーズンはどうでしょうか?
この時期は一気にいろんな生きものや植物が出てくるので、そちらもお楽しみです。
・・・というわけでいつもの横浜円海山・大丸山周辺へ行ってきました。

初夏の雑木林散策


このエリアは非常に広大な市民の森なので、動画に登場した場所を1日で回るのはよほど気合が入ってないと難しいです^^;
今回、実際に行ったのはごくわずかのエリア。
いつもの虫採りコース+ちょっと寄り道って感じで。
山歩き

例によって画像はクリックすると拡大します。

毎年行くたびに思うのですが、夏の虫のイメージが強いカワトンボやハンミョウはGW頃から普通にいるんですよね。
カワトンボ

川ぞいのコースはけっこうあるんですが、ある場所ではサワガニを見ることができます。
サワガニ

サワガニは赤いやつの方が多いですが、ときどき青いのもいます。
種類は同じらしいんですが、色の違いはどうやって出るんでしょうね?
他にもヌマエビが採れる場所なんかもあったりします。

クワの実やキイチゴも順調なようです。
これからの時期はおいしい思いもできそうですよ^^
クワの実

キイチゴ

途中で出てくるシロスジカミキリは一昨年の・・・日付を見ると5/22の画像。
シロスジカミキリ

日本のカミキリ界最大の種類です。
最近はめったに見られないレア種ですが、このカミキリがいた木はウロがたくさんある内側から枯れかけた感じのコナラで、かなり有望な樹液場だったんですよ。
ウロの中にはいつもコクワがいましたしね。
ところが、コイツ1匹にさらに穴だらけにされたからか、この年以降樹液は出なくなっちゃいました。
コクワもいなくなりました^^;
シロスジカミキリ
※2つの大穴はこのカミキリが空けたもの、成虫になっても出入りします。

出かけたのは5/20、去年・一昨年はこの時期樹液はまったく出てませんでした。
今年もどうかな~と思ってましたが、ご神木だけはいい感じになってましたね~
スジクワガタ

昨年失敗したスジクワの♀がいたので連れて帰って即産卵セットへ投入。
この♀は持ち腹(交尾済)を確信しています。

まあ、野外採集のクワガタはたいてい交尾済なんですが、このスジクワの場合実は前日に同じ場所で♂を見かけてましたんで。
前日は奥さんと犬たちと一緒でじっくり虫採りって感じじゃなかったんですが、これはと思い翌日あらためて一人で出かけた・・・というわけです^^;

いや実は♀とカン違いして連れてきちゃったんですけどね、♂も。
スジクワガタ
※一見♀のように見えたんですよ

スジクワガタ
※家でよく見たら♂でした^^;

スジクワガタ
※こちらが翌日採った♀

動画では虫の名前はあえて入れないでおきました。
誰かに入れてもらえたらな~と思って^^
さっそくいくつかは入れて戴いてますが・・・さすがにあの大きさでオオクワは無いんじゃないかと^^;

BGMは以前の記事「楽しい音楽の時間【お気に入り動画】」でご紹介したこちら。



自宅警備用兵器【お気に入り動画】

物騒な世の中、心ならずも「自宅警備員」をせざるをえない若者も多いと聞きます。
でも、これさえあればもう大丈夫w

自動照準のエアガン作った


すごい威圧感^^;
銃身が動くときの音がまたいいですね~
玄関先にコレがあったら、泥棒さんも涙目で逃げだすこと間違いなしです。

お客さんも逃げ出してしまうのではないかという点と、どうやってロックオンさせるのかという点が気になりますがたいした問題ではないでしょうw
最大の問題点は制作部分の説明が簡潔すぎて、私にはどんな仕掛けか全くわからないところでしょうか?

これがあれば侵入者を容易に撃退することができます。
しかし、撃退するだけでよいのでしょうか?
以下、うp主さんの説明文です。

自宅警備員の方々に朗報です。

エアガンによる自宅侵入者自動迎撃システム。優秀ですよね。
でも、その射程の短さに困ったこと、ありませんか?逃げていく犯人に対して、エアガンの射程では短すぎる。犯人を目前にしながら、逃がしてしまう。そういった苦い経験、ありますよね。

そんなあなたに送る、今回の商品。犯人が全力で逃げても、およそ35mの追尾が可能。
驚くほどの飛行安定性、追尾性能。
そう、ペットボトルロケットならね。


・・・というわけで驚愕の追撃システムw

赤外線誘導ペットボトルロケットを作ってみた


BB弾から逃れたと思ったところでこれが追いかけてきたら腰抜かしますね^^;
飛ばすだけでも楽しいペットボトルロケットにこんな応用技があるとは・・・

35m離れた標的に、わずか50cmの誤差でぴたり着弾。
何回も飛ばしてますが、毎回しっかり誘導してます。
手作りでこんなすごいのが作れるなんてびっくりです。
マイコンってすごい!
これは某国の軍需産業技術者が資材調達のため秋葉原を訪れる・・・なんてウワサもあながち^^;

こちらも標的をどうやって侵入者に取り付けるかというのが課題ですが、このロケットの場合特別な標的でなくても熱源に対して誘導しますので、いろんな方法が考えられますね^^;
ロケット搭載カメラの映像は大迫力です。

これが普及したらセコムはもういらない?


Page Top

ごあいさつ

メイプル

Author:メイプル
きまぐれ更新です。

このサイトについて

お気に入り動画タグリスト
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メイプルのお気に入りサイト

このブログをリンクに追加する

▼・w・▼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。