カブトムシのブリーディングに挑戦【成虫飼育・産卵編】
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. カブトムシのブリーディングに挑戦【成虫飼育・産卵編】
  4. カブトムシ飼育 » 
  5. カブトムシのブリーディングに挑戦【成虫飼育・産卵編】
コンテンツ
◆うpした動画◆
 2008年夏から始めた投稿動画のご紹介。見た方に楽しんで戴けるよう一生懸命作りました。
 左または以下の「カテゴリ」からお好きなジャンルを選んでくださいね。

 ■メイプル@ミニチュア?コーギーオリーブ@ウィペット
  2000年生まれのコーギー「メイプル」は体重5kg台のちびっこ、なかなかの芸達者でした。
  …2013/3/11肺腫瘍のため他界いたしました…
  2011年生まれの「オリーブ」はのんびりウィペット。ONとOFFの差が大きすぎw
 ■昆虫採集・自然観察カブトムシ飼育・クワガタ飼育(コクワガタミヤマクワガタ
  地元横浜でのカブト・クワガタ採集と繁殖・飼育記録。その他自然観察もろもろ。
  昆虫採集とカブクワ飼育では、初心者の方向けに基本ノウハウのご説明もしています。
 ■アルパカと遊ぶ
  横浜には、珍獣アルパカと触れ合える小さな観光牧場があります。楽しいですよ~
 ■季節の味覚【料理】
  季節限定のなじみの少ない素材を使ったお料理。
 ■その他飼育中:アマガエル飼育動物(うさぎ・カメ)

◆お気に入り動画◆
 何度も見直してしまうお気に入り動画のご紹介。こちらはタグで分類してます。
 ←左の「タグリスト」からお好きなジャンルを選んでくださいね。

各記事にある動画サムネイルをクリックすると別窓で再生します。
動画再生には、ニコニコ動画アカウントが必要です。 → ■ニコニコ動画を楽しもう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

カブトムシのブリーディングに挑戦【成虫飼育・産卵編】

世間でも早い人はそろそろカブクワの事を思い出す季節になってきました。
GWに入ると、ホームセンターなどの虫コーナーも充実してきます。
今まで無かったな~と思い作ってみましたよ、カブトムシ飼育。
今日うpしたばかりのホヤホヤです^^

カブトムシのブリーディングに挑戦【成虫飼育・産卵編】


ベテランの皆さんには「何を今さら」って内容なんですが、以前から思ってたんですよ。
近所の子どもが飼ってるカブトムシを見るとかなり気の毒な状況が多くて、しかもちょっとどうにかすれば・・・ってレベルじゃないんですよね^^;

だいたい良くあるパターンとしては、

ケースが小さい(いちばんおおきいのにいれてるよ→中ケース)
マットが少ない(だってケースうまっちゃうし、もぐってみえなくなっちゃうし)
カブト入れすぎ(いっぱいとれたんだ~すごいでしょ?ほら、クワガタもいっしょにいるよ)

カブトムシ飼育

この複合技にゼリーもけちってあまり入ってない・・・というか切れてませんか?という飼い方では、当然ほどなく死屍累々という状況になります。

お父さんが一緒にやってても結構こういう感じなんですよね。
どうもカブトムシは夏休みの間に死ぬものだと本気で思ってる方も多いようです。
メスは産卵を終えると早死にしてしまいますが、それでも9月頃までせっせと卵を産んでたりしますし、オスはその後10月11月になっても元気でいたりするんですよ。

産卵させようと準備している方もけっこう見かけるんですが、やはり「そのやり方はちょっと・・・」と思うこともしばしば。
そこでそのような方を対象に、基本的な部分を中心にご説明してみました。
カブトムシ飼育

根本的な部分は一番最初、「採り過ぎない」ってことですね^^;
カブトムシの場合はタコ飼いしてもまったくいい事ありません。
カブトムシ採集
※いる時にはたくさん見つかりますが・・・

それから産卵させるのなら、「本当に飼いきれるか?」を良く考えてからにした方がいいと思います。
産むとなったらけっこう産みますよ~
飼育できるスペース・エサ代、さらに来年にはそれだけの数のカブトムシになるって事を考えてから始めましょう。

動画の最初に「けっして手軽とはいえませんが・・・」と言いましたが、今回の「成虫飼育・産卵編」ではその話題までいたりませんでした。
次回の「幼虫飼育編」でその部分と、できるだけお金をかけずに飼育する方法の説明をしようと考えていますんで、「カブトムシ飼育」で検索してきた方はそちらも見て戴ければ。
■カブトムシのブリーディングに挑戦【幼虫飼育編】

とはいえ、わかっていればなんて事はないですし、コツをつかめばとても簡単です。
管理もかなりルーズで大丈夫です。
初めてのときはいろいろ苦労するかもしれませんが、一度成功すれば環境が揃うんで、2回目からはさらに手間いらず。
ぜひお子さんと楽しんでみてもらいたいですね~♪
わらわらと一斉に出てくるカブトムシは圧巻ですよ。


BGM:にゃんだふる55(marble版)


関連記事

Comment

おっしゃる通り^^;

カブトムシ飼育は私もほぼ初心者ですが^^;
クワガタ飼育と基本的にはそれほど変わらないようですね。
私も知り合いの子供にクワガタをあげる事がありますが、本当に即死状態が多いですね。
大変丈夫なオオクワガタでさえ死にます;;
一番の原因は温度だと思います。
基本冷暗所管理がベストです。
隠れる場所がない状態の直射日光は数分で危険です。
カブトムシは年末近くまで生きることがありますが、同じくワンシーズンのノコギリクワガタで我が家の沖永良部ノコギリクワガタは活動しているにもかかわらず2年目の夏を迎えようとしていますよ^^

  • 大ちゃん^^ [#-] |
  • URL |
  • 2011 04/30 (Sat) 20:34
大ちゃん^^様

初心者って・・・なにを言われますか^^

確かに置き場所もあるかもしれませんね。
カブトはかなり丈夫なので、30度超える室内でもわりと平気ですが、直射日光はさすがにアレですね。
さらに潜れるだけのマットもない状況では・・・

しかしノコが活動状態で越冬というのはすごいですね~

  • メイプル [#LM/MZ91E] |
  • URL |
  • 2011 05/01 (Sun) 17:55
  • Edit
No Title

メスは大プラケでも3日で底を詰め切ってしまいますよ(産むスペースを使い切るということ)。特大なら5~6日はもつかもしれませんが。カブトムシは自分でマットを詰めるので産卵場所が分かり易くなっています。人間が詰める必要はありません。1日平均10個は産みますから、大プラケで3日置きに採卵しないと、産卵の上塗りになります。元の卵はつぶされてしまうのです。もっともそれは、僕の発酵マットの話で、育成マットでどうかは知りませんけど;

ところで、実は昨年ノコのために30L作った、究極のそば粉発酵マットが、ノコの不作によって大量に余ってしまいました。僕はもうカブクワは卒業なので、実家の畑に撒くか、燃えるごみとして処理するしかありません。「もったいないな」と思っていたところで、素晴らしいことを考えました。メイプルさん、もしよろしかったらお試しになってみませんか?僕の歴史が詰まった究極の発酵マットを。無料で差し上げますよ。その代わり住所氏名電話番号をお教え願います。ゆうパックを使用しますのでw
マットは長らく乾燥状態にあり、割と色は薄いですが、加水すると畑臭が湧き出してバクテリアが活性化します。カブトのマットは色が濃いという甘い常識はこの際棄てられた方がいいですよ。

  • マシス [#c5hrSOco] |
  • URL |
  • 2011 05/01 (Sun) 21:32
  • Edit
マシス様

いやいや、そんなに採れても確実に持て余します^^;
そもそも採卵して上手く育てる技量がありませんw
2齢まで放置作戦でも、十分ほしい数以上に産みますし。

「育成マット」愛用している理由は近所のペットショップで周年在庫しているから以上の理由はありません。
安定供給って結構重要じゃありませんか?

虫関係は、実際のところ私自身が楽しんじゃってるのですが、建前上は娘のお手伝い。
なので、一般レベルで採ってきた虫を育ててるって一線にこだわってます。
たとえば虫の数え方も「頭」ではなく「匹」という表現を通してたり。
最近はちょっとやり過ぎ感が否めないんですけどね^^;

その娘も今年から中学生。
本人はまだまだやる気満々ですが、部活等でそうそう虫どころでは無くなってくると思われますので、わが家でも今後どうなるかわかりません。

マットの件、嬉しいお申し出ですが有効活用できない可能性を考え、ご遠慮しておきます。
お心遣いありがとうございます^^

  • メイプル [#LM/MZ91E] |
  • URL |
  • 2011 05/01 (Sun) 22:22
  • Edit
No Title

私の発酵マットは、国産カブト3令で46gの実績があります。その凄惨さをぜひ感じていただきたかったのですが・・・
有効活用とはどういうことでしょうか。育成マットが余り過ぎているということですか。現在うちの発酵マットは非常に安定した状態にあります。水分量が適当なら腐敗することはありません。ぎゅう詰めでも大丈夫です。

もし育成マットでも産卵に変わりがないなら、卵が毎日潰されていくのを知りながら放っておくということになりますよ。大プラケで3日に一度採卵し、共生菌のある産卵床ごとプリンカップに小分けして行くべきでしょう。目標の数が採れたらメスを逃がせば良いでしょう。1か月はマットの浅い水槽で仕方なくバタバタさせ、6月になったら逃がせば良いでしょう。季節外れの羽化がもしあったのなら、それはそれでもう仕方ないのだから。

氏名がだめならニックネームでも着くんですが・・・
でも、無理強いはだめですから、それならば諦めます。
メリット以外の何物でもないんですけどね。

  • マシス [#c5hrSOco] |
  • URL |
  • 2011 05/02 (Mon) 08:07
  • Edit
マシス様

有効活用・・・今後昆虫マットを使うようなブリーディングはしない可能性があるということです。
ミヤマはもう今回でおなかいっぱいですし、現在進行中のカブト飼育はちょっとした企画込みですので、もし軌道に乗って来年も継続する事になっても昆虫マットは使いません(もしかしたらこの件夏ごろに別動画にするかも?)。
コクワの大型狙いはちょっと心残りですが、これをやるなら「自分の工夫」でやってみたいところ^^

産卵セットの中で何が起こっているかはわかりませんが、このようなルーズな飼い方もアリだと思いますよ。
少なくともこの動画は「それ以前」の方が対象です。
採卵して個別飼育は私を含め一般レベルでは結構シビアです、経験上。
クワガタでもそうですが、早い時期に割り出して管理ミスで全滅させるより、淘汰されて生き残ったある程度成長した幼虫を確実に羽化まで持っていくというのも考え方ではないかと。
そもそも私レベルでは「今産んでるか?」判断つきませんし^^;
1匹も犠牲にすることなく飼える人でなければ飼育する資格はない・・・とは私は思いません。

  • メイプル [#LM/MZ91E] |
  • URL |
  • 2011 05/02 (Mon) 21:54
  • Edit
こんばんは^^

沖永良部の記事は削除しておきました^^;
たぶんありえないので休眠していたんでしょう!
でも、餌は減ってた気がするんですよね~・・・。

  • 大ちゃん^^ [#-] |
  • URL |
  • 2011 05/03 (Tue) 01:06
大ちゃん^^様

ありえない・・・んでしょうか?
わが家のカブトは特に温度管理をしない室内で12月までいたことありますし、ノコやミヤマがお正月を迎える話は時々聞いたことがありましたんで、条件がどハマりすればあるのかな~なんて思いますが。

  • メイプル [#LM/MZ91E] |
  • URL |
  • 2011 05/03 (Tue) 21:23
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://nicomylist6411.blog111.fc2.com/tb.php/174-442a151f この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

ごあいさつ

メイプル

Author:メイプル
きまぐれ更新です。

このサイトについて

お気に入り動画タグリスト
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メイプルのお気に入りサイト

このブログをリンクに追加する

▼・w・▼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。