ミヤマクワガタのブリーディングに挑戦(その6)
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. ミヤマクワガタのブリーディングに挑戦(その6)
  4. ミヤマクワガタ飼育 » 
  5. ミヤマクワガタのブリーディングに挑戦(その6)
コンテンツ
◆うpした動画◆
 2008年夏から始めた投稿動画のご紹介。見た方に楽しんで戴けるよう一生懸命作りました。
 左または以下の「カテゴリ」からお好きなジャンルを選んでくださいね。

 ■メイプル@ミニチュア?コーギーオリーブ@ウィペット
  2000年生まれのコーギー「メイプル」は体重5kg台のちびっこ、なかなかの芸達者でした。
  …2013/3/11肺腫瘍のため他界いたしました…
  2011年生まれの「オリーブ」はのんびりウィペット。ONとOFFの差が大きすぎw
 ■昆虫採集・自然観察カブトムシ飼育・クワガタ飼育(コクワガタミヤマクワガタ
  地元横浜でのカブト・クワガタ採集と繁殖・飼育記録。その他自然観察もろもろ。
  昆虫採集とカブクワ飼育では、初心者の方向けに基本ノウハウのご説明もしています。
 ■アルパカと遊ぶ
  横浜には、珍獣アルパカと触れ合える小さな観光牧場があります。楽しいですよ~
 ■季節の味覚【料理】
  季節限定のなじみの少ない素材を使ったお料理。
 ■その他飼育中:アマガエル飼育動物(うさぎ・カメ)

◆お気に入り動画◆
 何度も見直してしまうお気に入り動画のご紹介。こちらはタグで分類してます。
 ←左の「タグリスト」からお好きなジャンルを選んでくださいね。

各記事にある動画サムネイルをクリックすると別窓で再生します。
動画再生には、ニコニコ動画アカウントが必要です。 → ■ニコニコ動画を楽しもう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ミヤマクワガタのブリーディングに挑戦(その6)

半年に一度、忘れた頃にうpしてる長編シリーズ「ミヤマクワガタの~」。
一応前回で成虫管理まで行ったので終わりにしようかとも思ったんですが、今回こそ最終回です。

ミヤマクワガタのブリーディングに挑戦(その6)


成虫・幼虫ともに暑さに弱いミヤマクワガタ、昨年の夏は家の裏に置いたお茶箱の中で、1日2回の保冷剤交換を行いしのぎました。
7月から9月までそんな生活、交換するのはチョビンですがかなり大変だったようです。
それでも温度的にはまったく不十分で、数匹が犠牲になってしまいました。

残った幼虫は、この冬の温室飼育で冬のうちに羽化→この夏活動・・・なんてもくろんでましたが、前回(その5)をご覧戴ければわかるとおり、春になっても1匹も蛹化せず。
この時点でこの夏がまたしても山場となることが確定しました。
この後羽化しても、もう年内の活動はありませんので。

保冷剤地獄は正直うんざりでした、チョビンも中学生となり朝練だなんだといろいろ忙しくなってきてるので、昨年のようにマメに作業できるとは思えません。
そこで前回記事のコメントで披露したアイデア、井戸飼育。
大ちゃん^^さん命名「貞子ミヤマ」作戦を試みます。
井戸

ビンを何に入れて吊るすか?
スーパーの買い物カゴ(ダイエーで売ってるんですよ)・オイルのドラム缶など候補に上がりましたが、近所の酒屋さんでダメ元で聞いたら快くOK戴けた一升瓶のケースに決定。
一升瓶の太さが飼育ビンの太さとぴったりで、仕切りが非常にいい感じでした。

ロープはあまり太いと井戸のフタがしまらなくなるのでキャンプ用のもの、近くにある木にくくりました。
自在がついてるので長さ調整は楽です。
落としたら洒落にならないので、ロープを結んだ状態で揺れ具合をシミュレートしましたが、一升瓶ケースは高さに余裕があり落とすほど傾くことはなさそうだと確信、実行に移しました。
4mmのロープ2本で加重的には問題なさそうでしたが、後から万一のトラブルが怖くなりもう1本ずつ追加しました^^;
ミヤマクワガタ飼育

井戸内の気温はさすが安定していて、外気温30℃近い日に22℃の地点で固定したんですが、35℃近く気温が上がった日に様子を見ても25℃は下回ってました。
わりと上の方で固定したので、その気になればもっと温度は下げられそうです。

で、この週末引き上げて掘り返してみました。
結果は12匹中1匹が☆に。
しかし他には羽化不全もなく昨年の成虫たちに比べると力強い姿を見せてくれました。
われながら大成功と言っていいと思います^^
ミヤマクワガタ飼育

ミヤマクワガタ飼育

11匹中♂7匹♀4匹。
昨年羽化の♂は極小サイズ、大きさはともかく形が残念でしたが、さすがに足かけ3年幼虫やってただけあって「これぞミヤマ」というフォルムです。
サイズは想像以上に暴れるので上手く測れませんでしたが、60mm下回るのはいなさそうです。
とはいえ70mmに届きそうなのもいませんでした、ほぼみんな同じサイズ。
ミヤマクワガタ飼育
※クリックすると拡大します、美しい産毛の感じを見てみてください。

♀も見事に40mm±1mmほどで収束。
幼虫時代はけっこうサイズにばらつきあったのに、ここにきて帳尻合わせてきた感じです。
ミヤマクワガタ飼育
※この写真、結構気に入ってます^^「1だ!」

♂はこのサイズになるとかなり好戦的なようで、「まだ寝ぼけてるだろうから一同に集めて記念撮影」なんて考えて大きな入れ物に入れはじめたら、ケンカ始めそうな勢いだったのでヤメにしました。
ミヤマクワガタ飼育

しかしミヤマクワガタ、わかってはいましたが長かったですね~
しかも想像以上に大変です。
今年の成虫は、「もううんざり」と「せっかくだから」という気持ちが入り混じった中途半端なセットに入れてたということもあってか、交尾は確認したものの産卵はありませんでした。
中途半端・・・というとカブマットに産卵木を埋めただけのセット。
交尾してたのは4~5月ごろだったので、気温的には問題ないはずです。
でも、中ケースに♀3匹というのもアレだったかもしれませんね。

今回夏越しのメドがついたということで、来年またやるか?
まだちょっと迷ってたりします^^;
やるなら前回試せなかった方法もいろいろ試してみたいですね。
ミヤマクワガタ飼育

これで現在わが家は数年ぶりに幼虫がいない状態になりました。
動画にはさっそく「ヒラタ」「アカアシ」とリクエスト戴いてありがたい限りですが、私の場合「地元で採ってきた虫を手軽に育てる」というのが基本コンセプト、まあすでに崩れてるっぽいんですけどね^^;

でも今後も基本はその方向で、となるとヒラタは採れないんですよ・・・レアすぎてw
アカアシはさすがに標高150mほどの円海山にはいないと思います・・・っていうか実物見たことありません^^;

実は、次回は「スジクワガタ」にしようと思ってたんです。
産卵させるのが難しいといわれるスジクワ、以前数匹蛹までいったところで全滅させちゃったんで、そのリベンジと思って。
スジクワっていない時は探してもいないんですが、いる時はたくさん見つかるような気がします。
スジクワガタ
※右にもいます全部スジクワ、コクワと一緒にいることは少ないような気がします。

今シーズンのある日、大量に見つけてひとつがいだけ持ち帰ったんですが、産卵どころか♀を死なせてしまう体たらく^^;
大型♂特有の内歯を見てみたいものですが、来シーズン以降に持ち越し・・・というか来年はまた気が変わってるかもしれませんw
スジクワガタ

スジクワガタ

ところで来年のテラリウム(こちらもやるかはわかりませんが^^;)、このミヤマが入ると考えるとちょっと楽しみです。
実は「イメージ写真」なんて考えて1匹入れてみたんですよ。
撮影しようと思ったら、すごい勢いで歩き回るわ、たまたま出てきてたノコとにらみ合いになるわですぐに中止。
こんな写真しか撮れませんでした^^;
クワガタテラリウム
※ピンボケですが、向こうにいるノコとにらみ合いになってます^^;

来年のテラリウム用には、まだ他にも隠し玉がいたりします。
やればけっこう豪華になるかも?
オオクワガタ


BGM:Die Zauberflote
     SUNRISE STREET (dm Version)
     Timepiece phase II
     J-STAFF


関連記事

Comment

素晴らしい!

貞子ミヤマはほぼ大成功に終わりましたね!
サイズもなかなかですね^^
♂の歯形は全てフジ型に見えますが、エゾ型が一番大きくなるようで、飼育温度を下げるとエゾになったりするらしいですが、産地にもより一概には言えません。
暴れるクワガタのサイズは測りづらいですね。
正式かわかりませんが測り方があるので機会があったら記事にしてみたいと思います。

ミヤマ飼育も楽にできることが分かったし、動画見に来るかたもきっと続編期待してますよ~!

  • 大ちゃん^^ [#-] |
  • URL |
  • 2011 09/26 (Mon) 00:43
大ちゃん^^様

歯型について書くの忘れてましたが、ご指摘の通り全てフジ型でした。
同じ血統、同じ飼育環境でも違う型が出ることもあるそうで、不思議なものですよね。
でも、私が見たことあるミヤマってフジ型だけのような気もします。
こちら辺りではそんな血統なのか?
それとも低地で比較的高温な環境だからなのか?
やっぱりよくわかりませんね^^;

測り方、ぜひぜひ♪
計測はいつも苦労してるんですよ~
楽しみにしています。

今回、いつかの大ちゃん^^さんの記事に触発されて「スーパーマクロ」写真を撮影してみました。
動画では初投入の新型カメラ、コンデジですがなかなか使いでありそうでいい感じです^^

  • メイプル [#LM/MZ91E] |
  • URL |
  • 2011 09/27 (Tue) 00:13
  • Edit
こんばんは^^

大雑把に言うと産まれた産地よりも低温で飼育するとエゾが出易いかもしれないらしいですが、結局は例外もあるのではっきりしないようです^^

動画に圧倒されてマクロに気が行きませんでした^^;
なかなか高性能ですね~。
最後の大アゴのアップ決まってますね!
ちなみに国産オオクワですか^^?

  • 大ちゃん^^ [#-] |
  • URL |
  • 2011 09/28 (Wed) 23:10
大ちゃん^^様

血統なのか環境なのか?
井戸のさらに深い位置では真夏でも20℃切ってるっぽいので実験も可能かもしれませんね。

波をかぶってご臨終となった先代に代わるカメラはCASIO EX-ZR100。
1cmまで寄れるスーパーマクロは、やってみると面白い写真が撮れますね~
でも、最後のアゴ写真だけはインチキ(ちょっぴりトリミング)してます^^;

他にも高速連写や最大1000fpsのハイスピードムービー、光学12.5倍ズームと面白そうな機能満載、しかも価格は店頭で2万切ってるというお買得品^^
使いこなせるようになりたいものです。

最後の写真は見る方が見ればすぐおわかりになりますね^^
いつか今回のミヤマ幼虫を学校の先生に差し上げたお話をしたかと思いますが、チョビンとクワ友の男の子が、昨年その先生からプリンカップ2つずつ戴いてきたんですよ、産地は不明w
いつか質問させて戴きましたが、ホムセンの菌糸ビンに入れといたら、おかげさまでこの夏無事羽化して、もうエサ食べてます^^
うまい事♂♀だったんですが、来年やってみるかは思案中です。

  • メイプル [#LM/MZ91E] |
  • URL |
  • 2011 09/29 (Thu) 00:55
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://nicomylist6411.blog111.fc2.com/tb.php/220-b83e6b3f この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

ごあいさつ

メイプル

Author:メイプル
きまぐれ更新です。

このサイトについて

お気に入り動画タグリスト
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メイプルのお気に入りサイト

このブログをリンクに追加する

▼・w・▼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。