W杯メンバー23名発表・・・感想など
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. W杯メンバー23名発表・・・感想など
  4. 2010サッカーW杯 » 
  5. W杯メンバー23名発表・・・感想など
コンテンツ
◆うpした動画◆
 2008年夏から始めた投稿動画のご紹介。見た方に楽しんで戴けるよう一生懸命作りました。
 左または以下の「カテゴリ」からお好きなジャンルを選んでくださいね。

 ■メイプル@ミニチュア?コーギーオリーブ@ウィペット
  2000年生まれのコーギー「メイプル」は体重5kg台のちびっこ、なかなかの芸達者でした。
  …2013/3/11肺腫瘍のため他界いたしました…
  2011年生まれの「オリーブ」はのんびりウィペット。ONとOFFの差が大きすぎw
 ■昆虫採集・自然観察カブトムシ飼育・クワガタ飼育(コクワガタミヤマクワガタ
  地元横浜でのカブト・クワガタ採集と繁殖・飼育記録。その他自然観察もろもろ。
  昆虫採集とカブクワ飼育では、初心者の方向けに基本ノウハウのご説明もしています。
 ■アルパカと遊ぶ
  横浜には、珍獣アルパカと触れ合える小さな観光牧場があります。楽しいですよ~
 ■季節の味覚【料理】
  季節限定のなじみの少ない素材を使ったお料理。
 ■その他飼育中:アマガエル飼育動物(うさぎ・カメ)

◆お気に入り動画◆
 何度も見直してしまうお気に入り動画のご紹介。こちらはタグで分類してます。
 ←左の「タグリスト」からお好きなジャンルを選んでくださいね。

各記事にある動画サムネイルをクリックすると別窓で再生します。
動画再生には、ニコニコ動画アカウントが必要です。 → ■ニコニコ動画を楽しもう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

W杯メンバー23名発表・・・感想など

2010サッカーW杯 南アフリカ大会に向けてのメンバー発表がありましたね。
まぁ、良くも悪くも順当な選出だったのではないでしょうか?
まとめ役に川口、師匠枠に矢野。CB専門家の控えはやはり必要でしょう。
たいしたサプライズは無かったですね。石川落選くらいですかね。

私にとっての関心は、中村俊輔が選ばれるかどうかでした。
彼が外れるようなことがあれば、岡田監督はガムシャラに少しでも勝てる可能性を求めてチャレンジをするのだなと。
彼がメンバー入りしたということは、予選中からgdgd感満載の「コンセプト」を最後まで貫くということでしょう。

今回の日本代表の戦術は、脆弱な守備陣を踏まえて、中盤でボールを安全に支配し、一瞬のスキをついた飛び出しやファールゲットにかけるという、いわば消極的ポゼッションサッカーであると理解しています。
こちらがボールを持っている間は失点することは無いという。
その際、攻撃陣のキープレイヤーが、パスとFKの精度に長けた俊輔である・・・と。

突っ込みどころ満載ですよね~
ちょっとプレスをかければ横パスやバックパスしかしないとわかれば、相手も安全にボール奪取を試みることができます。
そして、キーマンの彼。
どうやら自由なポジションチェンジの特権を与えられているようです。

思い出してみてください、フリーでしか有効なプレーができない彼は、いつも右サイドからプレッシャーの薄いスペースへ移動しボールを要求します。たいてい真ん中よりに下がって行きます。
右SBは常に攻撃参加を要求されます。
彼と右SBが空けたスペースをボランチやCBが埋めに行きます。
さらにそのスペースを・・・もうわけわかりません。
いつの間にかボールは奪われ、最終ラインではディフェンスをがんばる大久保や岡崎の姿が・・・
それをしない攻撃の選手は、発端となった彼から批判されてしまいます。

で?どれほど効果的な攻撃ができたでしょうか?
ちょっとプレスがかかるとすぐバックパスなので攻撃にもなりません。
そもそも、パスを受けるべき攻撃の選手が彼の穴埋めに奔走して、本来の位置にいられません。
そして何回右サイドから崩されたでしょうか?
欧州遠征ではオランダ代表の監督から、あからさまに「右サイドが穴」と言われてましたよね?

FKのスペシャリスト?
昔は確かにそうでした。
昨季・今期を見たらどうです?
クラブでも代表でも相当数蹴ってますが、一体何回決まったんでしょう?

守備面でもボールホルダーと平行移動するだけ。

はっきり言って、今では並の選手でしかありません。
いつも足が痛いらしいですしw
が、過去の実績や彼の性格からして、控えに甘んじられる選手でもないでしょう。
岡田監督は彼と心中することに決めたようですね。

攻撃は本田中心のチームを作ることも考えられました。
最近の報道では、手のひら返しで本田押しになってますが、俊輔との共存は絶対ムリだと思います。
個人的な確執はともかく、勝負しない右サイドでは本田は生きません。

本田の魅力はバイタルで勝負できる強さだと思います。
敵守備陣ひしめく地帯でボールをキープし、手薄になったFWやSHへのラストパス・ポストプレイ、寄せが甘ければ自らシュートと多くの選択肢を持つ、日本人としては希少なプレイヤーですが、決してメッシやクリロナではありません。
飛び出しが上手いわけでもありません。
スペースからパスを出したらその場でボールの行方を見守っているSHではダメなのです。
チャンスと見たら一気に上がってくれないと。

俊輔が入り、石川や山瀬が外れたということは、攻撃陣の中心は本田ではなく、やはり俊輔だということだと思います。
まぁ、いまさら大きな戦術変更もギャンブルすぎるとは思いますが。

正直、期待は持ってません。
あるとすればGL惨敗によって協会の危機意識が高まり、首脳陣刷新を含めた大きな改革がなされた上で次回の2014年に向けてのスタートを切ってくれれば・・・と思います。
個人的にはまず「Jの笛」からではないでしょうか?
Jでは実績を上げても海外では通用しない選手が多いのも、競り合いに負けたら派手にずっこけてアピールすれば笛を吹いてもらえるJリーグの特殊性にあるように思えます。
それと、(こういったモノがあるとしか思えない)見えない圧力に屈することのない選手選考ができる外国人監督ですかね。

批判めいたことばかりですが、素人評論家たちが勝手な事を言い合うのも、W杯というお祭りのひとつだと思いますので記念に参加してみました。
ひと月ちょっと経った頃、まったくの的外れに「ゴメンナサイ」できることを願っています。

今回は特別なので動画はナシです。
関連記事

Comment

No Title

色付きの文字
はじめまして。よくわかんないけど色つきにしてしまいました。サッカーも詳しかったんだね?読んでてもチンプンカンプンだったけど感心しました。あほっぽいコメントでごめんよ(;_;)
他ものぞいて帰るね?(^◇^)

  • 石松ちゃん [#-] |
  • URL |
  • 2010 05/11 (Tue) 22:32
No Title

いらっしゃいませ♪

このコメ欄って色がつくのね?
知りませんでしたw

  • メイプル [#-] |
  • URL |
  • 2010 05/11 (Tue) 23:01
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://nicomylist6411.blog111.fc2.com/tb.php/55-a936f28d この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

ごあいさつ

メイプル

Author:メイプル
きまぐれ更新です。

このサイトについて

お気に入り動画タグリスト
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メイプルのお気に入りサイト

このブログをリンクに追加する

▼・w・▼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。