ミヤマクワガタのブリーディングに挑戦(その3)
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. ミヤマクワガタのブリーディングに挑戦(その3)
  4. ミヤマクワガタ飼育 » 
  5. ミヤマクワガタのブリーディングに挑戦(その3)
コンテンツ
◆うpした動画◆
 2008年夏から始めた投稿動画のご紹介。見た方に楽しんで戴けるよう一生懸命作りました。
 左または以下の「カテゴリ」からお好きなジャンルを選んでくださいね。

 ■メイプル@ミニチュア?コーギーオリーブ@ウィペット
  2000年生まれのコーギー「メイプル」は体重5kg台のちびっこ、なかなかの芸達者でした。
  …2013/3/11肺腫瘍のため他界いたしました…
  2011年生まれの「オリーブ」はのんびりウィペット。ONとOFFの差が大きすぎw
 ■昆虫採集・自然観察カブトムシ飼育・クワガタ飼育(コクワガタミヤマクワガタ
  地元横浜でのカブト・クワガタ採集と繁殖・飼育記録。その他自然観察もろもろ。
  昆虫採集とカブクワ飼育では、初心者の方向けに基本ノウハウのご説明もしています。
 ■アルパカと遊ぶ
  横浜には、珍獣アルパカと触れ合える小さな観光牧場があります。楽しいですよ~
 ■季節の味覚【料理】
  季節限定のなじみの少ない素材を使ったお料理。
 ■その他飼育中:アマガエル飼育動物(うさぎ・カメ)

◆お気に入り動画◆
 何度も見直してしまうお気に入り動画のご紹介。こちらはタグで分類してます。
 ←左の「タグリスト」からお好きなジャンルを選んでくださいね。

各記事にある動画サムネイルをクリックすると別窓で再生します。
動画再生には、ニコニコ動画アカウントが必要です。 → ■ニコニコ動画を楽しもう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ミヤマクワガタのブリーディングに挑戦(その3)

さて、長期戦覚悟のミヤマ飼育。
その2」から半年ぶりのうpです。

ミヤマクワガタのブリーディングに挑戦(その3)


里子に出して残った26匹を半々ずつ、ビンでの個別飼育組とタコ飼い組に分けました。
温室飼育で羽化時期を早められるとの事で、ちょっと考えた結果、ロフトにある私の部屋にビンを5本持ってきました。
我家では「小部屋」と呼ばれている私の部屋は、立てないほどの天井の低さと真夏の灼熱地獄で有名wですが、冬場は割と快適です。

冬場はあまり特筆するようなことは無いのですが、なんか環境が合っちゃったみたいで、屋外のお茶箱に入れたビンやケースには菌糸がびっしり。
幼虫たちは何ともなさそうだったのでそのままにしましたが、1匹だけ表に出てきてしまっていたので温室に避難させたりしました。
ミヤマ幼虫飼育  ミヤマ幼虫飼育

春になっても今年は冷え込む日が多く、GWに予定していたエサ換えは5月中旬まで待ちました。
冬の間にどの程度☆になってしまうか(特にタコ飼い組は)不安でしたが、1匹も落ちることなく春を迎えることができました。
むしろタコ飼い組の方が成長が良かったり。
ミヤマ幼虫飼育
※ ビンでの屋外個別飼育組はおおむねこのサイズ

ミヤマ幼虫飼育
※ 中ケースで8匹タコ飼いしていた幼虫達。

広い環境の方が良いのでしょうか?
そういえば先達の飼育記に「ストックケースに腐葉土とクワマットを入れてタコ飼い」という、まるでカブト飼育のような方法があったことが思い出されます。

ただし、思い出して前の写真を見てみると、もともと8人部屋には大きめの幼虫が入っています。
それだけの理由なのかもしれませんが、タコ飼いも悪くはなさそうなので、さらに実験的に5人部屋はマット交換だけしてそのままタコ飼い続行としました。

個別飼育組のマットは、今回からクワマットを半数に使用してみました。
気に入ってくれるかが不安でしたが、翌日様子を見たところ全員もぐってましたので大丈夫でしょう。
成長に差が出るのか気になります。

温室組ですが、こちらははっきりと効果が出ました。
冬場にも明らかに成長を続けていて、♂と思われる2匹は屋外組と比べ2回り以上大きくなっています。
ミヤマ幼虫飼育

そして、♀は4月中旬頃から蛹室を作りはじめ、次々と蛹に。
ただし、コクワよりちょっと大きいかな?くらいの大きさしかないような気がします。
ミヤマ幼虫飼育

羽化時期が早まる分、成長しきれていない感があるような・・・
今は小さくても、ゆっくりじっくり育ったものの方が最終的には大きくなるのか?
これは全てが羽化して最終結果が出るまでわかりませんが、それって来年?再来年?

温室組で蛹にならなかったものは♂と決め付けていますが、確証はありません。
コクワと同様に卵巣で雌雄判別しようと思ったんですが、皮が厚いのか私にはわかりませんでした。
ちょっと調べてみましたが、ミヤマはわかりにくいみたいですね。
「頭幅で判断する」という説もありましたが、成長にばらつきのある中、それで判断できるほどエキスパートではありません^^
期待の持てそうな♂を入れるよう、ちょっと大き目のビンを用意してたりしたのですが、とりあえず温室組と、大きいのを適当に選んで入れちゃいました。

次回のエサ交換は秋の予定です。
ミヤマは成虫だけでなく幼虫も暑さに弱いらしく、夏場落ちるケースが結構あるようです。
今年も保冷剤作戦で乗り切るつもりですがはたして・・・

結果は「その4」で。


BGM:Dreams in the night
    HIGH

関連記事

Comment

No Title

ミヤマは複数飼育でもいけるのですね!

画像の温室の幼虫、かなりの大きさです。
ミヤマの幼虫は元々そんなに大きくはないそうです。
17gでかなりの大型と、何かで読みました。
画像のは経験からして、そのくらいあるんじゃないでしょうか。

ホームセンターでよく見かけるあのマットは、
ミヤマなら大きくすることが出来るのですね。
僕はまだ飼育が下手だったころの印象で、
市販のマットを見ているのかも知れません。

僕も違う種のマットを同じ条件下で並べて実験したことがありますが、
マットの質でも明らかに成長に差は出ますよ。

月夜野キノコマットvs2:8そば粉発酵マット
5:5そば粉発酵マットvs強力粉発酵マット

現在は純そば粉発酵マットですが、カブトとコクワ、ヒラタには良いです。
ノコはあまり芳しくありません。オオもあまり。

  • マシス [#c5hrSOco] |
  • URL |
  • 2010 05/20 (Thu) 21:12
  • Edit
No Title

2:8そば粉マット・・・なんかおいしそうですね^^
自家製2次発酵マットは、昨年やってみようかと思っていたのですが何となくタイミングを逸してしまいました。

もしヒラタが採れるような事があれば、やってみたいと思ってます。
初心者はまずは小麦粉からですね。

  • メイプル [#LM/MZ91E] |
  • URL |
  • 2010 05/21 (Fri) 00:04
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://nicomylist6411.blog111.fc2.com/tb.php/57-391a1f60 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

ごあいさつ

メイプル

Author:メイプル
きまぐれ更新です。

このサイトについて

お気に入り動画タグリスト
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メイプルのお気に入りサイト

このブログをリンクに追加する

▼・w・▼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。