ミヤマクワガタのブリーディングに挑戦(その1)
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. ミヤマクワガタのブリーディングに挑戦(その1)
  4. ミヤマクワガタ飼育 » 
  5. ミヤマクワガタのブリーディングに挑戦(その1)
コンテンツ
◆うpした動画◆
 2008年夏から始めた投稿動画のご紹介。見た方に楽しんで戴けるよう一生懸命作りました。
 左または以下の「カテゴリ」からお好きなジャンルを選んでくださいね。

 ■メイプル@ミニチュア?コーギーオリーブ@ウィペット
  2000年生まれのコーギー「メイプル」は体重5kg台のちびっこ、なかなかの芸達者でした。
  …2013/3/11肺腫瘍のため他界いたしました…
  2011年生まれの「オリーブ」はのんびりウィペット。ONとOFFの差が大きすぎw
 ■昆虫採集・自然観察カブトムシ飼育・クワガタ飼育(コクワガタミヤマクワガタ
  地元横浜でのカブト・クワガタ採集と繁殖・飼育記録。その他自然観察もろもろ。
  昆虫採集とカブクワ飼育では、初心者の方向けに基本ノウハウのご説明もしています。
 ■アルパカと遊ぶ
  横浜には、珍獣アルパカと触れ合える小さな観光牧場があります。楽しいですよ~
 ■季節の味覚【料理】
  季節限定のなじみの少ない素材を使ったお料理。
 ■その他飼育中:アマガエル飼育動物(うさぎ・カメ)

◆お気に入り動画◆
 何度も見直してしまうお気に入り動画のご紹介。こちらはタグで分類してます。
 ←左の「タグリスト」からお好きなジャンルを選んでくださいね。

各記事にある動画サムネイルをクリックすると別窓で再生します。
動画再生には、ニコニコ動画アカウントが必要です。 → ■ニコニコ動画を楽しもう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ミヤマクワガタのブリーディングに挑戦(その1)

チョビンと昆虫採集・飼育を始めてから4シーズン目。
「今年は珍しいクワガタを採りたいね~」とちょっと気合を入れて早めに採集をスタートしました。
ちなみに我家にとって「珍しい」クワガタとは、コクワ以外の全てですw
中でもノコギリクワガタやミヤマクワガタはあまり隠れずに姿を見せてくれるので、鑑賞するにはいいですよね。

ミヤマクワガタのブリーディングに挑戦(その1)


5月最終週、ちょっと早いかと思いつつも様子見をかねていつもの地元フィールドへ行ってきました。
各樹液ポイントでは、思ったより樹液が出ていて時折コクワの姿も見えます。
意外とシーズンスタートは早いんですね。
昨年カブトがよくいたクヌギの様子を見ると、樹液になんとミヤマクワガタ♂が!
ミヤマクワガタ飼育

カメラを持ってこなかったのが悔やまれるところです。
速攻で捕獲して、さらに樹上をみると5mほどの高さのところに大きな♀がいるではないですか!
おそらくつがいのミヤマに違いないです。

ウロ・メクレ対策のペンライトとピンセットはいつも携行していますが、長物は何も持ってなかったので、蹴り落とすことにしました。
チョビンがライトで照らし、私が蹴ります。
数回目でポトッと落ちました。
・・・が、そのまま藪の中に消えました。残念。

教訓:樹液採集メインであっても長物は必要。

その後しばらくは釣竿を持ち歩いてましたが、フィールドで出会ったベテラン採集者の方のお話と装備を参考に、クワ採り専用網を作っちゃいました。
ひと月以上経った7月上旬、またも木の上のほうで♀発見。
3mほどの場所でしたが、この網のおかげで無事捕獲できました。
ミヤマクワガタ飼育
※この網についてご興味のある方は「【初心者向】夏の雑木林で昆虫採集【樹液採集】(続き)」を見てみてください。

この時は同行者多数で、実は発見したのは私ではありません。
このミヤマがなぜ我家に来たのかというと、採集後の山分けは子ども4人でじゃんけんだったのですが、1番の子が悩んだ末ノコギリ♂を選択。
2番手のチョビンに順番が回ってきたのです。

つがいが揃ったので、ブリーディングに挑戦することにしました。
ただ、成虫飼育だけでもなかなか一筋縄では行かなそうです。
昨シーズンのお盆休みにもミヤマクワガタを捕獲しましたが、9月上旬には☆になってしまいました。
他の方の飼育記を見ても、そのひ弱さが多数記されています。
特に高温に弱いらしく、山地で採ったミヤマは無事自宅まで持ち帰るだけでも一苦労とか。

ペアリングについては、動画にコメ戴いている通り採集物の♀なら大抵持ち腹(交尾済み)なので必要ないとも思いましたが、上手くいかなかった時の原因について可能性を減らしたかったので行いました。
相性が悪いようなら止めようかと思ってましたが、そうでもなさそうだったので。

また、ミヤマクワガタの産卵セットは諸説あって定番はない状態です。
マット産みタイプということで、黒土を敷いた上に完熟マットを深めにという事例が多かったですが、面白い例としてはストックケースに完熟マットを3cmほど敷き詰め爆産なんていうのもありました。
深さよりも広さが重要であるという説です。
色々見た中で、「自然界に近い環境を作る」というコンセプトで実行されている説が印象に残りました。

そこで、動画の3層構造セットです。
山の黒土の上に落ち葉がたまり腐葉土になります。
その上に倒れ腐食した倒木(カブトマット)。
倒木にはまだ腐食があまり進んでいない芯(産卵木)もあります・・・
ってなイメージで組んでみました。
ミヤマクワガタ-産卵セット

黒土はいつもの園芸店で14ℓ¥200しないもの。
腐葉マットは何年か前にカブト用に買ったきり使ってなかった正体不明の銘柄。
園芸用の腐葉土では粒子が粗すぎるので止めといたほうがいいです。
カブトムシでも2齢以降でないと不安があります。
これをミヤマクワガタ産卵セットに利用している事例では、ミキサーを使って微粒子にしていました。
カブトマットは我家としては高級な10ℓ¥1,000近くするもの。
これは近所のペット店でいつでも手に入る、カブト産卵セットでは猛威をふるっている銘柄です。

また、先達のミヤマクワガタ飼育記にはどれも低温管理の必要性と苦労が記されています。
20℃台前半くらいがベスト。25℃を超えるとちょっとムリというのが定説のようです。
いかに温度の上がりにくいお茶箱といえど普通にしてたらそれはムリです。
そこで夏休みの期間中、毎日保冷剤を交換しました。
作業するのはもちろん飼い主のチョビンです。
見てる限り自主的に毎日やっていたようで、並々ならぬ気合が感じられました。

にもかかわらずミヤマたちは8月中次々と☆に・・・
これはダメかと思っていたのですが・・・

その2」に続きます。

BGM:E-MAIL ME!(Long Version)
    にゃんだふる55

関連記事

Comment

No Title

ミヤマはカッコイイんですが、短命、体が弱いのが残念ですv-409

オオクワと同じくらい、長生き、体が丈夫だったら最高ですよね・・・

今年はミヤマ採集したいですねv-410 

  • イモリ13 [#aqOY3UP.] |
  • URL |
  • 2010 04/03 (Sat) 10:28
  • Edit
コメントありがとうございます♪

はじめまして♪

立派な上にあまり隠れずに姿を鑑賞できるのがいいですね。
実際には、多くのミヤマは秋に羽化してそのまま越冬し、翌年活動するものが多いようです。
活動状態で冬を迎えたなんて例も聞きますし、決して短命なわけではなさそうですが、気温に神経質なところが何とも・・・

採集がんばってくださいね♪
ベテラン採集者の方は狙って採れるようですが、私なんかは運まかせですw

  • メイプル [#LM/MZ91E] |
  • URL |
  • 2010 04/03 (Sat) 20:44
  • Edit
No Title

こんにちは!
ミヤマのブリードは、昨年初めてやって産卵ゼロだったので、
興味深く拝見しました^^

黒土、腐葉土、完熟マット、産卵木入りって感じですね。
黒土はクワカブ用ではないので、
合う商品かどうか分からず使用するのに勇気が要りますよね…
ベストセレクトの青っぽいやつはいいんですね。
勉強になりました!

  • マシス [#c5hrSOco] |
  • URL |
  • 2010 04/05 (Mon) 07:18
  • Edit
コメントありがとうございます♪

はじめまして♪

黒土は腐葉土と違って雑虫が沸くようなものではないので、殺虫剤の混入はないものと(勝手に)決めつけて手近なものを選んだだけですw
腐葉土は銘柄選びに結構苦労しますよね。
去年OKだった銘柄で国カブ全滅させた経験もあります。

産卵セットは誰かがコメくれたように、いわゆる「全部入り」ですw
どれが効果あったのかわかりませんが、MVPは「保冷剤」だったのではないかと思ってます。

  • メイプル [#LM/MZ91E] |
  • URL |
  • 2010 04/06 (Tue) 00:07
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://nicomylist6411.blog111.fc2.com/tb.php/6-775bb5ab この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

ごあいさつ

メイプル

Author:メイプル
きまぐれ更新です。

このサイトについて

お気に入り動画タグリスト
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メイプルのお気に入りサイト

このブログをリンクに追加する

▼・w・▼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。