2010 日本代表のW杯(その2)【お気に入り動画】
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 2010 日本代表のW杯(その2)【お気に入り動画】
  4. 2010サッカーW杯 » 
  5. 2010 日本代表のW杯(その2)【お気に入り動画】
コンテンツ
◆うpした動画◆
 2008年夏から始めた投稿動画のご紹介。見た方に楽しんで戴けるよう一生懸命作りました。
 左または以下の「カテゴリ」からお好きなジャンルを選んでくださいね。

 ■メイプル@ミニチュア?コーギーオリーブ@ウィペット
  2000年生まれのコーギー「メイプル」は体重5kg台のちびっこ、なかなかの芸達者でした。
  …2013/3/11肺腫瘍のため他界いたしました…
  2011年生まれの「オリーブ」はのんびりウィペット。ONとOFFの差が大きすぎw
 ■昆虫採集・自然観察カブトムシ飼育・クワガタ飼育(コクワガタミヤマクワガタ
  地元横浜でのカブト・クワガタ採集と繁殖・飼育記録。その他自然観察もろもろ。
  昆虫採集とカブクワ飼育では、初心者の方向けに基本ノウハウのご説明もしています。
 ■アルパカと遊ぶ
  横浜には、珍獣アルパカと触れ合える小さな観光牧場があります。楽しいですよ~
 ■季節の味覚【料理】
  季節限定のなじみの少ない素材を使ったお料理。
 ■その他飼育中:アマガエル飼育動物(うさぎ・カメ)

◆お気に入り動画◆
 何度も見直してしまうお気に入り動画のご紹介。こちらはタグで分類してます。
 ←左の「タグリスト」からお好きなジャンルを選んでくださいね。

各記事にある動画サムネイルをクリックすると別窓で再生します。
動画再生には、ニコニコ動画アカウントが必要です。 → ■ニコニコ動画を楽しもう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

2010 日本代表のW杯(その2)【お気に入り動画】

その1から続きます。

■ターニングポイントだった韓国戦■

そして、このメンバー・戦術で挑んだ壮行試合を兼ねた韓国戦。
点差以上の惨敗でした。

何が惨敗だったか?
韓国も日本と同じような戦術を採用してきました。
中盤からの果敢なプレス。
日本はポゼッションを保つために横パス・バックパスでかわそうとします。
しかしそこに更に連動したプレスを受け、一気に押し込まれます。

前半早い時間帯で、押し込まれ崩れた所でボールを奪われ、CBはあっさり振り切られて失点。

その後は少し守備に比重を置いた韓国守備陣を崩せず、後半前がかりになったところで同じような展開からとどめの失点。

W杯に出場するようなチームが相手だと、本気でボールを取りに来られたら逃げのポゼッションは通用しないこと、守りに入られたら遅攻では崩せないことがあらためて浮き彫りになりました。

壮行試合のはずが、サポーターからの大ブーイングを受けながら試合会場を出ることになってしまいました。
この日の試合後、岡田監督はサポーターの前に姿を見せませんでした。

しかし、この試合で岡田監督はひとつの大きな判断を下しました。

■新生日本代表■

スイスでの直前合宿中の強化試合、イングランド戦・コートジボアール戦での日本代表は、それまでと大きく変貌していました。

攻撃を一枚減らし、アンカーに阿部を投入した4-1-2-3。
そして、ピッチに10番の姿はありませんでした。

引いて2段構えのブロックを形成することにより、信じられないほど守備が安定しました。
ルーニーを擁するイングランド攻撃陣がゴールを割ることができなかったのです。
もっともオウンゴールで2失点という珍しい結末だったのですがw

守備時には、超守備的といえる4-1-4-1の後ろ9枚で守り、攻撃時には4-1-2-3の前3枚で攻めるという感じでしょうか?

SBの上がりは極端に減り、前3枚での攻撃ですので当然厚みは出せません。
この3人には、個の力で打開することが求められます。
相手の守備陣形が整ってからでは崩せませんので、速攻型の攻撃になります。

攻撃時にも防御時にも仕事が求められる両SHの負担はハンパじゃありません。
この2人は交代前提でのハードワークですね。

この2試合で、守備に関する目処は立ったと思いますが、問題はどう得点するかです。

期待の本田は、右SHでの起用でしたが、守備に忙殺される時間帯が多く、どうしても攻撃の迫力は出せませんでした。

■奇策?本田1トップ■

南アフリカ入りしてから、予定を変更して組んだジンバブエとの練習試合。
1トップの位置には本田がいました。

これは予想外でしたが、考えてみると理にかなってます。

・本田以上にポストプレイの上手いFWがいない。

低い位置でのボール奪取。速攻に繋げるためにはロングフィードからのポストプレイが起点になります。
GKを楢崎から川島に変更したのも、フィードの精度を考えてのことだったかもしれません。
しかし今回の代表には、世界基準のDFを相手にポストプレイがこなせるFWがいません。
本田はクラブでもトップ下のポジションでこの役割を時折こなしていました。
CSKAでは本田のポストからクラシッチ・Mゴンザレスのサイドアタックというのがひとつの形です。

・本田が常に攻撃参加できる。

当たり前ですが、一番前にいるわけですから常に攻撃に絡むことができます。

・相手守備陣への牽制

今回の日本代表チームの中で一番有名な選手は?
世界的に見れば間違いなく本田です。
つい最近のCLでの活躍は世界中で驚きをもって伝えられました。
当然、一番のマークの対象となります。
そんな彼が、戻らずに最前線で張っているというのは、相手守備陣に対する牽制となり、相手の攻撃を鈍化させる効果も期待できます。

30分ハーフで、得点という結果は出ませんでしたが、岡田監督はこのフォーメーションに手ごたえを得たようです。

不安はいっぱいです。
特に心配だったのは、これまで3年間やってきた戦術を捨てるということに対して、メンバーが心から納得できていたかという事だったと思います。

この当時の各選手のコメントを見ると、選手自身迷いが感じられるものもあったように思います。

でももう時間はありません。本番もこのフォーメーション・戦術で挑むことになります。

ここで、勝負の神様がほんの少し日本代表にほほえんでくれました。

■カメルーン戦での最高の展開■

日本代表チームにとっての最高の幸運は、この試合の前半苦しい時間帯で、「本田が」先制点をあげた事だと思います。
新戦術の守備ブロックは、身体能力に長けたカメルーンに対しても通用していました。
しかし、守るだけでは・・・得点の期待が無ければ、がんばりきれるものではありません。

この時間帯での本田の得点、まさに値千金でした。
岡田監督に攻撃のキーマンとして指名された男が、期待通り点を取ってくれたのです。
これによって、他のメンバー達もこの戦術を心から信じることができたんじゃないかと思います。

今回のベスト16という結果も、この得点があってこそだったと思います。
得点自体は、その時々のアヤというものですが、これが無かったら、もしかすると相当悲惨な結果が待っていたかもしれません。

やっぱり彼、持ってますね^^

■南アフリカW杯の成果■

この戦術で戦い抜いた日本代表は、ベスト16のパラグアイ戦でトーナメントから去ることになりました。
0-1の負けも3-1の勝ちもありましたが、やってることは同じ、まず守備ありきの戦術でした。

少し攻撃的に行ったのは、オランダ戦の後半・デンマーク戦の序盤・パラグアイ戦の後半以降くらいだったかと。
パラグアイ戦以外はむしろピンチを呼び込んでしまいました。
特にオランダ戦の後半はいつ失点してもおかしくない状況でした。

結果として、4戦・2勝1敗1引き分け 4得点2失点。
歴代代表の結果と比較しても「躍進」と言っていい結果です。

それ以上に、今回のW杯で日本は大きな成果を得ることができました。

・ポゼッションの幻想を捨てることができたこと。
・堅守速攻の土台づくりと結果を出せたこと。


世界基準から見れば異質のポゼッションサッカーを指向してきた3年間。
これが間違いであると言う結論を大会前に下したこと、セオリーにのっとった堅守速攻ベースの戦術を短期間で確立し結果を出したこと。

これはすばらしい成果だったと思います。
日本サッカーにとって、今までで一番の進化を遂げることができたと思います。

「これはだめだ」と思っても、本番直前になって今まで積み上げてきたものを捨てて「悪あがき」といっていいチャレンジをする・・・この大舞台でなかなかできることではありません。
失敗すれば批判の集中砲火にさらされる事は明らかです。

しかし、その決断をした岡田監督と、信じてついていった選手達を、本当に誇りに思いますし、心から「お疲れさま」と言いたいです。

これからも日本サッカーは、今回の戦術をベースに進歩していってほしいと思います。
しかし、今のままで良いかといえば決してそうではないと思います。

■2014年ブラジル大会に向けて■

次回のW杯、日本の目標はどのあたりでしょう?
私は、今回の結果をひとつでも上回る事ではないかと思ってます。
つまりベスト8ですね。
まだまだ、GL突破ができれば十分合格だとも思ってます。

それよりも、是非次回あたりで「世界の中堅国」の仲間入りをしてほしいなと。
世界から見た評価ですね。
GLで一緒になった国が、イヤな気持ちになるような国になってほしいと思います。

今回のチームはすばらしい結果を出してくれましたが、このままではそういう評価にはならないでしょう。

もっと得点ができるチームになる必要があります。

そのためにどうするか?
いろいろな要素はありますが、最も必要なのは一人ひとりの個の力を世界基準で向上させることだと思います。

このチームで得点力を上げるには、特に守備陣の個の力の向上が不可欠です。
今回は9人で守りましたが、それをもっと少ない人数でできるようになる必要があります。
守備陣の個の力が上がれば、その分攻撃に戦力を振り向けられます。

その上での攻撃戦術だと思いますが、あくまでも今回の「堅守」をベースにレベルアップしてくれることを期待しています。

世界から見れば予想外の日本の躍進は、世界から注目を浴びています。
選手達の海外移籍にとても強い追い風が吹いているのではないでしょうか?
ためらわずチャレンジしてほしいですね。
欧州の最先端のサッカーとそこに身を置く海外選手達のメンタリティーをどんどん吸収して成長してほしいと思います。

同じ理由で、早くも海外の強豪チームから親善試合のオファーが殺到しているとか?
日本に呼べばそれなりの身入りが期待できるのでしょうが、協会にはその存在意義を思い出してもらい、より強化の糧になるアウェーでの親善試合を組んでほしいと思います。

次のW杯代表メンバーには、どんな選手が名を連ねるのでしょう?
ロンドン五輪世代には、期待の若手もたくさんいます。
個人的にはレッズの山田、ガンバの宇佐美に期待しています。
数年後、いいオファーがあるといいですね。

来年はコパアメリカ、アジアカップもあります。
これからも、期待を持って日本代表に注目し、応援していきたいと思います。

W杯は佳境を迎えていますが、「臨時サッカーブログ」はこれで終了します。
サッカーに焦点を当てた約1ヶ月、様々なサッカー好きな方との交流を持つことができました。
すばらしいサッカーブログ様もたくさん発見しました。
私にとっての一番の収穫はこれだったと思います。
この場をかりて御礼申し上げます。


さあ、この動画でしみじみ振り返りましょう^^(GL突破までの画像集です)



関連記事

Comment

No Title

こちらでは、はじめまして。
先日は書き込みありがとうございました。

W杯記事、お疲れ様でした。

今回の日本代表なんですが、
やはり、転換点として、
あのなすすべなく、ボロ雑巾にされてしまった、
親善試合韓国戦を挙げてらっしゃいますね。

今から振り返ってみれば、あの韓国戦、
もし何かの弾みで勝ってしまってたら、
日本代表はW杯3戦全敗だった可能性が
非常に高かったと思っています。

世の中、何がどう転ぶか、解らないものだと思いました。

結果は、トーナメント1回戦敗北でしたが、
やはり、ワールドカップには挑戦し続けなければいけないなと思わされた1ヶ月でした。

  • 吹田の国の旅人 [#UhCH13u6] |
  • URL |
  • 2010 07/11 (Sun) 09:16
  • Edit
吹田の国の旅人様

「人間万事塞翁が馬」岡田監督が監督がよく使う言葉ですが、この言葉通りのW杯でしたね。

結果的に言って、あの韓国戦を経てはじめて戦術の大幅変更と俊輔を外す決断ができたと思います。
もしもっと早く決断していたら、他の選手達や協会(スポンサー)を納得させることはできなかったかも知れません。

  • メイプル [#LM/MZ91E] |
  • URL |
  • 2010 07/11 (Sun) 10:30
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://nicomylist6411.blog111.fc2.com/tb.php/81-bbb97f71 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

ごあいさつ

メイプル

Author:メイプル
きまぐれ更新です。

このサイトについて

お気に入り動画タグリスト
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メイプルのお気に入りサイト

このブログをリンクに追加する

▼・w・▼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。